雑誌会セミナー開催

東京大学大学院工学系研究科の鈴木准教授にお越し頂き”Highly Reactive and Stable Metal Nanocluster
Catalysts with Metal-Oxo Ligands”と題してご講演頂きました(雑誌会セミナー1917th)。

雑誌会セミナー開催

名古屋大学物質科学国際研究センターの 唯教授にお越し頂き”Challenges to Visualize Practical Materials”と題してご講演頂きました(雑誌会セミナー1918th)。

的場君の論文に関して様々なメディアで紹介頂きました

プレスリリース:https://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/press/2023/8505/
日経新聞に紹介されました。東大、ポリマーが丸まるエネルギーを電気に変換することに成功https://www.nikkei.com/article/DGXZRSP659226_U3A710C2000000/
ASCIIに紹介されました。
https://ascii.jp/elem/000/004/146/4146783/
Tech Eye
https://tiisys.com/blog/2023/07/19/post-124468/2/
MIT Tech Review
https://www.technologyreview.jp/n/2023/07/25/312927/
田中貴金属
https://tanaka-preciousmetals.com/jp/elements/news-cred-20230911/
Energy Diary
https://www.energy-daily.com/reports/Turning_waste_heat_into_energy_999.html
ErestageさんによるYoutube解説(プレスリリースよりわかりやすい)
https://www.youtube.com/watch?v=4wS2U_U1FRs

有機レドックス分子を利用した熱化学電池の論文がChemical Scienceに掲載されました

Exploring the local solvation structure of redox molecules in a mixed solvent for increasing the Seebeck coefficient of thermocells,
H. Inoue, H. Zhou, H. Ando, S. Nakagawa, T. Yamada
Chem. Sci., Advance Article, 2023. https://doi.org/10.1039/D3SC04955H

有機レドックス分子,クロラニルのジアニオン体がエタノールと特異的に水素結合を形成することを利用して,レドックス反応に伴うエントロピー変化を増大させ,熱化学電池のゼーベック係数を上昇させるという新たな手法を生み出しまた。山形大学理学部安東研究室との共同研究です。

2023年12月12日追記:本論文が2023 Chemical Science HOT Article に選出されました!

バナジウムを用いたPCET型熱化学電池の論文がSustainable Energy & Fuel誌に採択されました

Aqueous Vanadium Complex for the Superior Electrolyte of a Thermo-Electrochemical Cell
Sustainable Energy & Fuels, 2024, DOI: 10.1039/D3SE00774J
T. Yamada, T. Kobayashi, Y. Wakayama, F. Matoba, K. Yatsuzuka, N. Kimizuka, H. Zhou

バナジウムアクア錯体のプロトン共役電子移動反応を利用することで,水系電解液において−3.2 mV K−1水-有機混合電解液中において−3.8 mV K−1という高いゼーベック係数を達成しました。