東大公式HP・理学部ウェブマガジンにて山田教授の記事が掲載されました。

【東大公式HP UtokyoFOCUS FEATURES】
熱化学電池で見据えるグリーンな化学
興味を突き詰めて、世の中のためになる研究を
https://www.u-tokyo.ac.jp/focus/ja/features/z0508_00211.html

Field of dreams: If you move an ion, power will come
UTokyo chemistry professor advises young to follow own curiosity
https://www.u-tokyo.ac.jp/focus/en/features/z0508_00212.html

【理学部ウェブマガジン「リガクル」】
https://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/rigakuru/research/loiHlK4n/

是非ご覧下さい。

ナウラらの論文がScientific Reportに採択されました。

ナウラさんは九州大学の学生で、国際コース(東大のGSCに相当)にて1年半在籍しました。その間に試したテーマの3つめの成果です。明るくて英語もとても上手で実験も上手な学生でした。
High Seebeck Coefficient in Middle-Temperature Thermocell with Deep Eutectic Solvent
Naura Fakhira Antariksa, Teppei Yamada, Nobuo Kimizuka
Scientific Reports, Accepted.

熱化学電池の論文が採択されました。

君塚研卒業生梁君(現西湖大学)のPEG修飾シクロデキストリンを使った丁寧な仕事です。
High Positive Seebeck Coefficient of Aqueous I/I3 Thermocells Based on Host-Guest Interactions and LCST Behavior of PEGylated -Cyclodextrin
Yimin Liang, Joseph Ka-Ho Hui, Masa-aki Morikawa, Hirotaka Inoue, Teppei Yamada, Nobuo Kimizuka.